問題まとめ&予想問題!

ツイッターで毎日出題している問題をまとめてます!また、不定期で予想問題とかやりたいなと思っています👍🏻

MENU

問題まとめ(12/23~1/7)

今年もよろしくおねがいします!
ついに国家試験を受ける年になりましたね…なんとなく不安が募ってくる毎日だとおもいますが、自分のペースを崩さずに頑張っていきましょー
ちょっと自分のやることもあり、毎日一個しか問題を出せていないので少ないです…



【物理】
①エネルギー準位の間隔が、最も小さいものはどれか
 1.電子エネルギー準位
 2.振動運動エネルギー準位
 3.回転運動エネルギー準位
 4.並進運動エネルギー準位

②原子の大きさが小さいほど、水和イオン半径の大きさは小さくなる
 1.〇
 2.×

③テーリングしたピークのシンメトリー係数は、1より大きい
 1.〇
 2.×

【化学】
なし


【生物】
①短鎖脂肪酸の吸収は胆汁酸を必要としなく、中鎖・長鎖脂肪酸の吸収には胆汁酸が必要である
 1.〇
 2.×

B型肝炎ウイルスの正しい科名を選んでください
 1.ヘルペスウイルス
 2.レトロウイルス
 3.へパドナウイルス
 4.オルトミクソウイルス

③エキソヌクレアーゼ活性を持つ酵素はどれか
 1.DNAヘリカーゼ
 2.制限酵素
 3.DNA依存性DNAポリメラーゼ
 4.DNAリガーゼ

④塩基、糖質、リン酸基からなる核酸の構造をなんというか
 1.ヌクレオシド
 2.ヌクレオチド


【衛生】
①シトクロムP450は、何原子と結合すると450nmに吸収極大を示すか
 1.酸素
 2.一酸化窒素
 3.二酸化炭素
 4.一酸化炭素

②以下のうち、耐容上限量が設定されていないビタミンはどれか
 1.ビタミンD
 2.ビタミンA
 3.ビタミンK
 4.ビタミンE

③新生児マススクリーニングの検体として用いられるのはどれか
 1.尿
 2.血液
 3.唾液
 4.髪の毛

④以下のうち、最終処分場の現状として正しい組み合わせはどれか
 1.残余年数:増加 残余容量:横ばい
 2.残余年数:増加 残余容量:増加
 3.残余年数:横ばい 残余容量:増加
 4.残余年数:横ばい 残余容量:横ばい

【薬理】
①抗IL-5受容体抗体は、以下のうちどれか
 1.オマリズマブ
 2.メポリズマブ
 3.ベンラリズマブ
 4.スプラタスト


【薬剤】
①Higuchiの式が成立する薬剤は、以下のうちどれか
 1.マトリックス型製剤
 2.リザーバー型製剤
 3.浸透圧ポンプ型製剤
 4.腸溶性製剤

②気体吸着法において、多分子層吸着の際に使用されるのはどれか
 1.Langmuir式
 2.BET式
 3.Kozeny-Carman式



【病態】
①高トリグリセリド血症では、血清外観がクリーム状となる
 1.〇
 2.×

COPDの病気分類の指標として用いられるのはどれか
 1.肺活量
 2.残気量
 3.1秒率
 4.1秒量


【法規】
①毒物・劇物の一般販売業者は、すべての毒物劇物を取り扱うことができる
 1.〇
 2.×

②メチルエフェドリン塩酸塩散10%は、覚醒剤原料である
 1.〇
 2.×

③処方せん医薬品を製造するには、第一種医薬品製造業の許可を受ける必要がある
 1.〇
 2.×

④増分費用効果比は、小さいほど費用対効果が優れているといえる
 1.〇
 2.×


【実務】
フェノバルビタールを服用中の患者さんのフェノバルビタール血中濃度が有効域を超えた。ここ患者さんへの処置として正しいのはどれか
 1.アトロピンの静注
 2.フルマゼニルの静注
 3.炭酸水素Naの点滴静注
 4.塩化アンモニウムの点滴静注

②バレニクリンを服用後、何日目までタバコを吸ってもいいか
 1.6日目
 2.7日目
 3.8日目
 4.9日目

③学校薬剤師が、水質を調べる際に。試料採取現場で測定する必要がある項目はどれか
 1.塩化物イオン
 2.大腸菌
 3.一般細菌
 4.遊離残留塩素

問題まとめ(12/1~12/22)

またまた問題をまとめましたよ!

メリークリスマスです!まあクリスマスとはなんて関係ないですけどね…
国家試験が近づいてきてブルーな気分のそこのあなた!一緒にがんばりましょう!!!

①ルミノールを用いた化学発光法は、どのような条件下で青色に発光するか
 1.強酸性条件下
 2.強塩基性条件下

ミオシン軽鎖キナーゼは、プロテインキナーゼAにより、どうなるか
 1.リン酸化され、筋弛緩
 2.リン酸化され、筋収縮
 3.アセチル化され、筋弛緩
 4.アセチル化され、筋収縮


【化学】
①以下のうち、動物由来の生薬でないのはどれか
 1.ゴオウ
 2.センソ
 3.リュウコツ
 4.ユウタン

②カルボン酸のバイオアイソスターとして誤っているものはどれか
 1.テトラゾール
 2.ヒドロキサム酸
 3.スルホン酸
 4.ピリジン


【生物】
①抗体依存性細胞性細胞傷害反応(ADCC)により腫瘍細胞を排除する細胞はどれか
 1.キラーT細胞
 2.樹状細胞
 3.NK細胞
 4.記憶B細胞

②成熟インスリンは、分子内に何個のS-S結合を有しているか
 1.0個
 2.1個
 3.2個
 4.3個

③マイスネル小体は、真皮に存在する触覚の受容器である
 1.〇
 2.×


【衛生】
①予防接種のB類疾患は、努力義務である
 1.〇
 2.×

②以下のうち、確定的影響ではないものはどれか
 1.脱毛
 2.不妊
 3.白血病
 4.白内障

③1件あたりの患者数が多く、カレーやシチューなどの食肉等を利用した大量調理食品が原因食品となる細菌はどれか。
 1.Clostridium perfringens
 2.Clostridium botulinum
 3.Staphylococcus aureus
 4.Bacillus cereus

④年少人口は、何歳から何歳か
 1.0~14歳
 2.0~15歳
 3.0~18歳
 4.0~19歳

⑤予防接種のA類疾病のうち、摂取回数が一回のワクチンはどれか
 1.水痘ワクチン
 2.子宮頸がん予防ワクチン
 3.MRワクチン
 4.BCGワクチン

⑥リスク分析の3要素に当てはまらないものはどれか
 1.リスク評価
 2.リスク管理
 3.リスクマネジメント
 4.リスクコミュニケーション

⑦4類感染症は対物処置の対象となる
 1.〇
 2.×


【薬理】
①以下の薬物のうち、閉経後乳がんに適応がある薬物はどれか
 1.リュープロレリン
 2.ゴセレリン
 3.テガレリクス
 4.エキセメスタン

②以下の不整脈治療薬のうち、Na+チャネル遮断、β受容体遮断、K+チャネル遮断、Ca2+チャネル遮断作用を有するのはどれか
 1.ソタロール
 2.アミオダロン
 3.ベプリジル
 4.ベラパミル

③以下のうち、3βヒドロキシステロイド脱水素酵素を競合的に阻害するのはどれか
 1.メチラポン
 2.トリロスタン
 3.アビラテロン
 4.デュタステリド

胃潰瘍などに用いられるポラプレジンクには、何の金属が含有されているか
 1.鉄
 2.銅
 3.亜鉛
 4.白金

⑤プロドラッグとして、体内で脱グリシン化されて本態性低血圧を改善するのはどれか
 1.エフェドリン
 2.デクスメデトミジン
 3.ミラベグロン
 4.ミドドリン


【薬剤】
①バップ剤に使用されう容器はどれか
 1.密閉容器
 2.気密容器
 3密封容器

②医薬品の試験の操作において、「直ちに」は通例、前の操作の終了から何秒以内か
 1.5秒
 2.10秒
 3.20秒
 4.30秒

③粘着力試験法のうち、傾斜坂で一定の大きさのボールを試験開始位置から転がし、ボールが停止するまでの距離を測定する方法はどれか
 1.ピール粘着力試験法
 2.傾斜式ボールタック試験法
 3.ローリングボールタック試験法
 4.プローブタック試験法

④減圧とは、別に規定するもののほか、何kPa以下とするか
 1.1.0kPa
 2.1.5kPa
 3.2.0kPa
 4.2.5kPa

⑤動粘度の単位は、Pa・sである
 1.〇
 2.×【病態】
①長時間静座不能が特徴である神経症状はどれか
 1.ジスキネジア
 2.ジストニア
 3.アカシジア
 4.ジストロフィー

HBVに感染すると、1番最初に陽性化する抗体はどれか
 1.HBc抗体
 2.HBe抗体
 3.HBs抗体


【法規】
①DPC制度において、包括評価部分に分類されないものはどれか
 1.入院基本料
 2.手術
 3.検査
 4.投薬


【実務】
①患者が主体的に治療に取り組み、患者自身が能動的に服薬することを表す用語はどれか
 1.コンプライアンス
 2.コンダクタンス
 3.アドヒアランス

②熱に不安定な薬物の水溶液を滅菌するのに最も適した方法はどれか
 1.ろ過滅菌
 2.高圧蒸気滅菌
 3.乾燥滅菌
 4.ガス滅菌

③ダビガトランの中和薬として用いられるのは、どれか
 1.エノキサパリン
 2.フォンダパリヌクス
 3.イダルシズマブ
 4.フィトナジオン

④テイコプラニンの添付文書に記載されている適応菌種は、MRSAのみである
 1.〇
 2.×

問題まとめ(11/11~11/30)

先日お出ししました必須問題はいかがでしたか?
もしかしたら皆さん一気に時間をかけて解くよりも、隙間時間に一問一答形式の問題を解く方がいいかもという印象でしたので、これからは毎日の問題に力を注ぎます!
余力があったらまた90問ドバっと出題しますので解いてくださいね♪

【物理】
①以下の測定法のうち、ランベルトベールの法則に従わないものはどれか
 1.紫外可視吸光度測定法
 2.蛍光光度計
 3.赤外吸収スペクトル測定法
 4.原子吸光光度法

②系の乱雑さを定量的に表す熱力学量はどれか
 1.エントロピー
 2.エンタルピー
 3.ギブスエネルギー
 4.内部エネルギー

③バイルシュタイン反応を示さないものはどれか
 1.F
 2.Cl
 3.Br
 4.I

④炭酸塩は、フェノールフタレイン試液によって、赤色に呈色する
 1.〇
 2.×

⑤コンプトン散乱は何散乱か
 1.弾性散乱
 2.非弾性散乱

⑥液体シンチレーションカウンターの測定対象の放射線はどれか
 1.α線
 2.低エネルギーβ線
 3.高エネルギーβ線
 4.γ線

⑦β−線とγ線を放出するヨウ素は、以下のうちどれか(文字の大きさを変えられないため少々分かりにくい表記で申し訳ありません)
 1.123I
 2.125I
 3.131I


【化学】
なし


【生物】
①グルタチオンの構成アミノ酸のうち、当てはまらないものはどれか
 1.グリシン
 2.システイン
 3.グルタミン
 4.グルタミン酸

②以下のうち、終始コドンではないのはどれか
 1.UAG
 2.UAA
 3.UGA
 4.UGG

③ケトヘキソースはどれか
 1.グルコース
 2.ガラクトース
 3.マンノース
 4.フルクトース

エンベロープを有する一本鎖RNAウイルスはどれか
 1.ヒトアデノウイルス
 2.コロナウイルス
 3.サイトメガロウイルス
 4.ノロウイルス

⑤HMG-CoA還元酵素は、アセトアセチルCoAからHMG-CoAが産生される際に利用される
 1.〇
 2.×

ビタミンDが活性型になる過程の中で、正しい反応はどれか
 1.25位が肝臓で水酸化
 2.25位が肝臓でアルキル化
 3.25位が腎臓で水酸化
 4.25位が腎臓でアルキル化


【衛生】
①N-水酸化されることで、代謝物がメトヘモグロビン血症を引き起こすものはどれか
 1.ニトロベンゼン
 2.アニリン
 3.ベンゼン
 4.パラコート

水質汚濁防止法で、排水基準が「検出されないこと」とされているのはどれか
 1.シアン化合物
 2.PCB
 3.アルキル水銀化合物
 4.ジクロロメタン

③特定健康診断に用いられるバイオマーカーとして、マンデル酸が用いられるものはどれか
 1.ベンゼン
 2.トルエン
 3.キシレン
 4.スチレン

④等価線量と実効線量は同じ単位である。
 1.〇
 2.×

⑤逆転層が起こると、大気は安定になるため、大気汚染が生じやすくなる
 1.〇
 2.×

⑥以下の自然毒のうち、筋肉や神経のNa+チャネルを開口するものはどれか
 1.シガトキシン
 2.テトロドトキシン
 3.サキシトキシン
 4.ジノフィシストキン


【薬理】
①エンドセリンETA受容体を選択的に遮断する薬物はどれか
 1.ファスジル
 2.ボセンタン
 3.アンブリセンタン
 4.リオシグアト

②カルシトニン受容体に作用する薬物はどれか
 1.エルカトニン
 2.カルシトリオール
 3.ラロキシフェン
 4.イプリフラボン

③PGF2α製剤として、子宮収縮を引き起こす薬剤はどれか
 1.ジノプロスト
 2.ジノプロスト
 3.ゲメプロスト
 4.オキシトシン

④シラスタチンと併用することで、腎障害を予防する薬剤はどれか
 1.イミペネム
 2.パニペネム
 3.メロペネム
 4.上記全ての薬

⑤ムコタンパク質のジスルフィド結合を開裂させない薬はどれか
 1.アセチルシステイン
 2.メチルシステイン
 3.エチルシルテイン
 4.フドステイン

Fe2+とキレートを形成することで作用を発揮する薬物はどれか
 1.ブレオマイシン
 2.マイトマイシンC
 3.アクチノマイシンD
 4.ドキソルビシン

緑膿菌に使用されるペニシリン系薬物はどれか
 1.アモキシシリン
 2.ベンジルペニシリン
 3.アンピシリン
 4.ピペラシリン


【薬剤】
①エマルションの分散媒と分散相の密度差により、分散相が浮上する現象はどれか
 1.凝集
 2.合一
 3.クリーミング
 4.ケーキング

②通例、揮発性の有効成分をエタノール又はエタノールと水の混液に溶解して製した液状の製剤はどれか
 1.エリキシル剤
 2.チンキ剤
 3.酒精剤
 4.リモナー

③湿潤性及び乾燥性の創傷面のいずれにも適用できる軟膏基剤はどれか
 1.バニシングクリーム
 2.マクロゴール軟膏
 3.白色軟膏
 4.吸水クリーム

④以下のうち、口腔内錠剤はどれか
 1.分散錠
 2.発泡錠
 3.口腔内崩壊錠
 4.ガム剤


【病態】
血友病の特徴として正しいのはどれか
 1.出血時間延長
 2.APTT延長
 3.PT延長
 4.上記全て延長

②糸球体腎炎の患者さんの特徴として、糸球体に⬜︎が沈着する。⬜︎に入るのはどれか
 1.IgG
 2.IgA
 3.IgM
 4.IgE

③副雑音として、捻髪音が認められる疾患はどれか
 1.COPD
 2.気管支喘息
 3.間質性肺炎
 4.慢性気管支炎

ベンゾジアゼピン睡眠薬が禁忌となっている疾患はどれか
 1.開放隅角緑内障
 2.気管支喘息
 3.心不全
 4.重症筋無力症


【法規】
後発医薬品の品質再評価の実施に伴い、溶出性等に関わる品質情報を取りまとめたものはどれか
 1.医療用医薬品製品情報概要
 2.日本薬局方
 3.医療用医薬品品質情報集
 4.医薬品インタビューフォーム

保険薬局の指定を取り消す際に、厚生労働大臣が諮問するのはどれか
 1.薬事・食品衛生審議会
 2.地方社会保険医療協議会
 3.中央社会保険医療協議会
 4.医道審議会

③医療法において、良質かつ適切な医療を効率的に提供する体制の確保を図るための基本方針を定めるのはだれか
 1.保健所設置市の市長
 2.特別区
 3.厚生労働大臣
 4.都道府県知事

④オーファンドラックの再審査期間は、最長何年まで延長できるか
 1.5年
 2.6年
 3.8年
 4.10年


【実務】
①以下のクラス分類のうち、クラスⅢが人体への害を与える恐れがあるものはどれか
(分類の名前を文字数の都合上正式名称で書けていないものもありますが、そこでもひっかけ問題ではありません)
 1.医療機器の分類
 2.抗悪性腫瘍薬の基準分類
 3.院内製剤の分類
 4.医薬品回収の分類

②抗インフルエンザ薬の吸入剤で治療を行う際、単回吸入良い薬物はどれか
 1.オセルタミビル
 2.ザナミビル
 3.ラニナミビル

プライバシーポリシー

下記、「プライバシーポリシー」に関して記載致しましたので、ご一読願います。

 

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(GoogleアドセンスA8.net Amazonアソシエイトバリューコマースもしもアフィリエイトafbアクセストレード

を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちら

https://marketingplatform.google.com/about/analytics/terms/jp/

 をクリックしてください。

当サイトへのコメントについて

当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。

これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。

また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。
全てのコメントは管理人であるredoが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。

加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。

  • 特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。
  • 極度にわいせつな内容を含むもの。
  • 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。
  • その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

免責事項

当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

プライバシーポリシーの変更について

 

当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。

修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。

 

予想問題(解答付き)

写真だと見にくいという意見をいただいたので、見やすいように作っちゃいました!
解説はないので、分からないことがあれば質問箱、DM、リプお待ちしています~

【必須問題】
問1 β-線のみを放出する放射線核種はどれか。
 1.32P
 2.13N
 3.123I
 4.11C
 5.226Ra

問2 同一条件におけるクロマトグラフィーにおいて、2つの化合物の保持時間が同じ場合、分離係数はどの値になるか。
 1.0
 2.0.5
 3.1
 4.1.5
 5.2

問3 MRI診断法の造影剤として使用されるのはどれか。
 1.硫酸バリウム
 2.ヨード造影剤
 3.フルデオキシグルコース
 4.ガドリニウム製剤
 5.脂溶性ヨウ素化物

問4 以下のうち、系統誤差でないものはどれか。
 1.器差
 2.偶然誤差
 3.方法誤差
 4.操作誤差
 5.個人誤差

問5 「完全結晶性物質のエントロピーは0Kで0である」と述べているのは以下のうちどれか。
 1.熱力学第1法則
 2.熱力学第2法則
 3.熱力学第3法則
 4.ヘスの法則
 5.パウリの排他原理

問6 以下のうち、芳香族化合物はどれか。f:id:putinmondai:20211127122437j:plain

問7以下のうち、最も塩基性が弱いのはどれか。f:id:putinmondai:20211127123209j:plain

問8 アルケンにアンチ型付加反応するのはどれか。
 1.臭素
 2.四酸化オスミウム
 3.水素
 4.オゾン
 5.ボラン

問9 次のカルボン酸誘導体のうち、酸性水溶液中で加水分解する際に、その反応の相対速度が最も速いのはどれか。
 1.アセトアニリド
 2.アセトニトリ
 3.塩化アセチル
 4.酢酸メチル
 5.無水酢酸

問10 以下の生薬のうち、動物由来のものではない生薬はどれか。
 1.ゴオウ
 2.リュウコツ
 3.ユウタン
 4.ボレイ
 5.センソ

問11 グルコースの1位を還元すると、何になるか。
 1.グルコサミン
 2.グルクロン酸
 3.グルコン酸
 4.ガラクトース
 5.ソルビトール

問12 感染初期に産生される抗体はどれか。
 1.IgM
 2.IgG
 3.IgA
 4.IgE
 5.IgD

問13 中枢神経系のうち、呼吸調節中枢の機能を有しているのは、以下のうちどれか。
 1.延髄
 2.中脳
 3.視床下部
 4.小脳
 5.橋

問14 気管の内面を覆う上皮細胞はどれか。
 1.単層扁平上皮
 2.円柱上皮
 3.多列線毛円柱上皮
 4.重層扁平上皮
 5.移行上皮

問15 以下のうち、n-3系の不飽和脂肪酸はどれか。
 1.α-リノレン酸
 2.γ-リノレン酸
 3.オレイン酸
 4.リノール酸
 5.ステアリン酸

問16 健康水準の国際間の比較として、WHOが推奨している健康指標はどれか。
 1.有病率
 2.1歳児平均余命
 3.平均余命
 4.平均寿命
 5.合計特殊出生率

問17 以下の感染症のうち、入院が強制されないものはどれか。
 1.結核
 2.エボラ出血熱
 3.ジフテリア
 4.デング熱
 5.ラッサ熱

問18 ウィルソン病は、以下の必須微量元素のうち、どれの排泄障害が引き起こされているか。
 1.Cu
 2.Mo
 3.Se
 4.Fe
 5.Zn

問19 シックハウス症候群の原因物質として、室内濃度指針値が設定されており、衣類の防虫剤として使用されているのはどれか。
 1.トルエン
 2.キシレン
 3.クロルピリホス
 4.パラジクロロベンゼン
 5.スチレン

問20 SO2のみを定量する手分析法はどれか。
 1.溶液導電率法
 2.トリエタノールアミン・パラロザニリン法
 3.ザルツマン法
 4.重量法
 5.中性ヨウ化カリウム

問21 新生児マススクリーニングにおいて、タンデムマス法で発見できない疾患はどれか。
 1.ホモシスチン尿症
 2.クレチン症
 3.プロピオン酸血症
 4.フェニルケトン尿症
 5.メープルシロップ尿症

問22 1件あたりの患者数が多く、カレーやシチューなどの食肉等を利用した大量調理食品が原因食品となる細菌はどれか。
 1.Clostridium perfringens
 2.Clostridium botulinum
 3.Staphylococcus aureus
 4.Vibrio parahesmolyticus
 5.Bacillus cereus

問23 含硫アミノ酸が分解される際に、生成するのは以下のうちどれか。
 1.スカトール
 2.エチルメルカプタン
 3.アグマチン
 4.カダベリン
 5.トリメチルアミン

問24 枯草菌のDNA組み換え修復酵素欠損株を用いる遺伝毒性試験はどれか。
 1.Ames試験
 2.小核試験
 3.コメットアッセイ
 4.polアッセイ
 5.recアッセイ

問25 アニリンの解毒剤として使用される薬物はどれか。
 1.プルシアンブルー
 2.ぺニシラミン
 3.ジメルカプロール
 4.メチレンブルー
 5.ホメピゾール

問26 以下の薬の中で、トロンビン依存的に活性化プロテインCの産生を促進するものはどれか。
 1.ダナパロイド
 2.フォンサパリヌクス
 3.エドキサバン
 4.トロンボモデュリン アルファ
 5.ダビガトランエテキシラート

問27 ミクロソームトリグリセリド転送タンパク質に直接結合することで、血中LDL値を低下させる薬物はどれか。
 1.ロミタピド
 2.コレスチラミン
 3.クロフィブラート
 4.エゼチミブ
 5.プロブコール

問28 以下の利尿薬のうち、抗アルドステロン作用があるのはどれか。
 1.フロセミ
 2.トラセミ
 3.ブメタニド
 4.アゾセミ
 5.メフルシド

問29 Ⅰ型糖尿病に伴う糖尿病腎症に有効なのはどれか。
 1.エパレルスタット
 2.メキシチレン
 3.プレガバリン
 4.イミダプリル
 5.プレドニゾロン

問30 骨格筋直接の電気刺激による収縮を抑制できる薬物はどれか。
 1.ツボクラリン
 2.ロクロニウム
 3.スキサメトニウム
 4.ダントロレン
 5.A型ボツリヌス毒素

問31 以下のうち、Gqタンパク質共役型受容体に関与するものはどれか。
 1.H2受容体
 2.μ受容体
 3.ニューロキニンNK1受容体
 4.5-HT4受容体
 5.M2受容体

問32 唾液腺のM3受容体を刺激し、唾液分泌を促進させる薬物はどれか。(12/7追記、答えが2つあります)
 1.セビメリン
 2.カルプロニウム
 3.ピロカルピン
 4.ネオスチグミン
 5.ベタネコール

問33 ベンゾジアゼピン系の開環誘導体であり、生体内で閉環して作用を発揮するのはどれか。
 1.クアゼパム
 2.リルマザホン
 3.ロルメタゼパム
 4.ニトラゼパム
 5.ブロチゾラム

問34 脳内の炭酸脱水酵素を阻害して神経細胞の過剰興奮を抑制する薬物はどれか。
 1.スチリペントール
 2.レベチラセタム
 3.スルチアム
 4.プリミドン
 5.ラコサミド

問35 抗IL-5モノクローナル抗体製剤であるのはどれか。
 1.スプラタスト
 2.オマリズマブ
 3.メポリズマブ
 4.ベンラリズマブ
 5.デュピルマブ

問36 K+チャネル遮断、β受容体遮断、Na+チャネル遮断及びCa2+チャネル遮断作用を有する薬物はどれか
 1.ソタロール
 2.アミオダロン
 3.ベラパミル
 4.フレカイニド
 5.シベンゾリン

問37 メペンゾラートの作用機序として正しいものはどれか。
 1.M1受容体刺激
 2.M1受容体遮断
 3.M3受容体刺激
 4.M3受容体遮断
 5.アセチルコリンエステラーゼ阻害

問38 以下の薬物のうち、シュレム管から眼房水の排出を促進する薬物はどれか。
 1.ラタノプロスト
 2.ブナゾシン
 3.リパスジル
 4.チモロール
 5.ジスチグミン

問39 翻訳過程の70S開始複合体の形成を阻害する抗菌薬はどれか。
 1.ポリミキシンB
 2.テトラサイクリン
 3.バンコマイシン
 4.リネゾリド
 5.イミペネム

問40 三リン酸化体とならずに作用を起こす抗ヘルペス薬はどれか
 1.アシクロビル
 2.ガンシクロビル
 3.ビダラビン
 4.レムデシビル
 5.ホスカルネット

問41 両性イオン界面活性剤はどれか。
 1.ベンザルコニウム塩化物
 2.レシチン
 3.ラウリル硫酸ナトリウム
 4.ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル
 5.パラオキシ安息香酸メチル

問42 空気で吹き上げた原料粉体に結合剤を噴霧して造粒する方法はどれか。
 1.噴霧乾燥造粒法
 2.攪拌造粒法
 3.流動層造粒法
 4.押し出し造粒法
 5.乾式造粒法

問43 製剤総則において、粒状に造粒した経口投与する製剤として規定されるのはどれか。
 1.発泡錠
 2.散剤
 3.顆粒剤
 4.分散錠
 5.懸濁剤

問44 エンドトキシン試験法において、検出又は定量するのはどれか。
 1.発熱性物質
 2.でんぷん消化力
 3.好気的条件下で発育可能な真菌
 4.グラム陰性菌由来の成分
 5.非水性溶剤中の鉱油

問45 炭酸水素ナトリウムがフェノバルビタールの体内動態に及ぼす影響として、正しいのはどれか。
 1.消化管吸収阻害
 2.受容体での拮抗
 3.胆汁中排泄の促進
 4.尿細管再吸収の抑制
 5.尿細管分泌の促進

問46 高分子の水溶液に有機溶媒を添加することにより、高分子の濃厚相と希薄相とに分離する現象はどれか。
 1.コアセルベーション
 2.コソルベンシー
 3.塩析
 4.凝析
 5.合一

問47 錠剤表面に小斑点状の凹凸が生じる打錠障害はどれか。
 1.スティッキング
 2.ピッキング
 3.バインディング
 4.キャッピング
 5.ラミネーション

問48 血液脳脊髄液関門を形成している細胞の実体はどれか。
 1.神経細胞
 2.毛細血管内皮細胞
 3.脈絡叢上皮細胞
 4.アストロサイト
 5.周皮細胞

問49 日本薬局方製剤総則において、点眼剤の保存容器として規定されているのはどれか。
 1.密閉容器
 2.密閉容器または気密容器
 3.気密容器
 4.気密容器または密閉
 5.密封容器

問50 最終滅菌法はどれか。
 1.ガス法
 2.ろか法
 3.無菌操作法
 4.蒸気流通法
 5.紫外線法

問51 pKa=4.3の1価の弱酸性薬物が、pH=1のとき溶解度は1μg/mLであった。見かけ上の溶解度が分子形の約100倍を示すpHとして、最も近い値はどれか。
 1.2.3
 2.4.3
 3.6.3
 4.8.3
 5.10.3

問52 油中水型乳剤の調製に適した界面活性剤のHLB値として、最も適切な範囲はどれか。
 1.1.5~3.0
 2.3.5~6.0
 3.7.0~9.0
 4.13~15
 5.15~18

問53 生薬を含む製剤はどれか。
 1.エリキシル剤
 2.エキス剤
 3.リニメント剤
 4.リモナーデ剤
 5.ポンプスプレー剤

問54 徐放性内核を腸溶性コーティング皮膜で被い、外側を速放性層で囲み糖衣錠としたDDS製剤はどれか。
 1.グラデュメット
 2.コンチンシステム
 3.スパンタブ
 4.レプタブ
 5.ロンタブ

問55 β-ラクタム環の開裂を起こす代謝反応はどれか。
 1.酸化反応
 2.加水分解
 3.グルクロン酸抱合
 4.還元反応
 5.硫酸抱合

問56 サイトメガロウイルス感染症に対する適切な治療薬はどれか。
 1.リトナビル
 2.アシクロビル
 3.ホスカルネット
 4.ザナミビル
 5.ファムシクロビル

問57 妊婦に禁忌である消化性潰瘍治療薬はどれか。
 1.ファモチジン
 2.オメプラゾール
 3.テプレノン
 4.ミソプロストール
 5.スクラルファート

問58 B型肝炎の検査のうち、強い感染性を示す指標はどれか。
 1.HBc抗体
 2.HBe抗体
 3.HBs抗体
 4.HBe抗原
 5.HBs抗原

問59 血友病の特徴として、誤っているのはどれか。
 1.特徴的な深部出血症状
 2.血友病Aにおける第Ⅷ因子の欠乏
 3.出血時間の延長
 4.APTTの延長
 5.男性に多く発症

問60 慢性腎不全尿毒症期における高カリウム血症の治療に用いるのはどれか。
 1.アロプリノール
 2.エリスロポエチン
 3.カルシトリオール
 4.ニフェジピン
 5.ポリスチレンスルホン酸ナトリウム

問61 新薬の承認後一定期間が経過した後に、企業がデータを集めて承認された効果効能及び安全性について再度確認するのはどれか。
 1.市販直後調査
 2.再評価制度
 3.使用成績調査
 4.再審査制度
 5.特定使用成績調査

問62 鉄欠乏性貧血で上昇する検査値はどれか。
 1.総鉄結合能
 2.平均赤血球容積
 3.平均赤血球ヘモグロビン濃度
 4.フェリチン
 5.血清鉄

問63 視力障害をおこすため、眼科による定期的検査が必要である抗結核薬はどれか。
 1.イソニアジド
 2.リファンピシン
 3.エタンブトール
 4.ピラジナミド
 5.ストレプトマイシン

問64 乳汁分泌を抑制することから、授乳婦に投与すべきでない薬物はどれか。
 1.アミオダロン
 2.シクロスポリン
 3.ドキソルビシン
 4.ブロモクリプチン
 5.炭酸リチウム

問65 メニエール病の症状として認められないものはどれか。
 1.高音障害型難聴
 2.反復性の回転性めまい
 3.末梢性めまい
 4.悪心・嘔吐
 5.内耳リンパ液の増加

問66 治療必要数は、何を除した値であるか。
 1.オッズ比
 2.リスク比
 3.相対リスク
 4.相対リスク減少率
 5.絶対リスク減少率

問67 直接ビリルビン値が増加する可能性が最も高いのはどれか。
 1.シャント高ビリルビン血症
 2.新生児黄疸
 3.再生不良性貧血
 4.総胆管結石
 5.溶結性貧血

問68 催吐性リスクの高い抗がん剤に対する制吐療法に用いるのはどれか。
 1.オキサゼイン
 2.モルヒネ
 3.パロノセトロン
 4.ラニチジン
 5.ブロモクリプチン

問69 新生児の特徴を成人と比較したとき、正しいのはどれか。
 1.胆汁酸塩の生成が多い。
 2.肝臓のグルクロン酸抱合能が高い。
 3.薬物の皮膚透過性が低い。
 4.成人とはシトクロムP450分子種は一緒である。
 5.胃内pHが高い。

問70 フィラデルフィア染色体が高頻度に認められる疾患はどれか。
 1.急性骨髄性白血病
 2.慢性骨髄性白血病
 3.成人T細胞白血病
 4.悪性リンパ腫
 5.多発性骨髄腫

問71 フィブリノゲン製剤によって引き起こされた薬害で問題となった有害事象はどれか。
 1.間質性肺炎
 2.無顆粒球症
 3.C型肝炎
 4.網膜症
 5.アナフィラキシーショック

問72 薬剤経済の分析手法のうち、費用と効果を全て貨幣単位で表すのはどれか。
 1.費用効果分析
 2.費用効用分析
 3.費用最小化分析
 4.費用便益分析
 5.費用感度分析

問73 地域医療支援病院の承認要件として、病床数は何床以上必要か。
 1.19床
 2.20床
 3.100床
 4.200床
 5.400床

問74 生命倫理の四原則のうち、「医療を受ける個人は平等に扱わなければならない」ということを基本にしている原則はどれか。
 1.善行原則
 2.正義原則
 3.自立尊重原則
 4.優生原則
 5.無危害原則

問75 医療法における病床の定義に含まれないのはどれか
 1.救急病床
 2.療養病床
 3.一般病床
 4.結核病床
 5.精神病床

問76 医薬品医療機器等法の規定において、生物由来製品に指定されないのはどれか。
 1.医薬品
 2.医薬部外品
 3.化粧品
 4.医療機器
 5.再生医療等製品

問77 薬剤師免許の絶対的欠格事由に該当するのはどれか。
 1.成年被後見人
 2.未成年
 3.精神機能障害者
 4.麻薬中毒
 5.罰金以上の刑に処せられた者

問78 医薬品の承認申請資料の非臨床試験のうち、GLPが適用されない試験はどれか。
 1.単回投与毒性試験
 2.遺伝毒性試験
 3.がん原生試験
 4.薬効薬理試験
 5.依存性試験

問79 保険薬局の調剤報酬に関する記述のうち、正しいのはどれか。
 1.薬剤料は薬剤の納入価格で算定する。
 2.調剤基本料は、全ての保険薬局で同じ点数である。
 3.特定保険医療材料料が含まれる。
 4.報酬の請求は厚生労働大臣に対して行う。
 5.薬局で自ら点数を定めて請求できる。

問80 医療法の規定に基づく「基本方針」を定めることが義務づけられているのはどれか。
 1.厚生労働省
 2.都道府県
 3.地方厚生局
 4.保健所
 5.市区町村

問81 注射剤の混合調剤において注射針をゴム栓に穿刺するとき、ゴム片が異物として生じる事象を示す語句はどれか。
 1.スピル
 2.ピッキング
 3.スプラッシュ
 4.コアリング
 5.リキャップ

問82 チーム医療の促進に繋がる活動において、医療スタッフ共通の診察スケジュール表とも呼ばれるのはどれか。
 1.チャート
 2.ムンテラ
 3.バリアンス
 4.クリニカルパス
 5.アサーション

問83 病院の薬剤部門を構成する各セクションの中で、薬剤管理指導料算定のための施設基準として、必要なのはどれか。
 1.調剤室
 2.製剤室
 3.薬務室
 4.試験室
 5.医薬品情報室

問84 漢方製剤のうち、比較的即効性があり、筋肉・関節痛などに用いられるのはどれか。
 1.牛車腎気丸
 2.麻黄湯
 3.防風通聖散
 4.加味逍遥散
 5.芍薬甘草湯

問85 成分にカリウムイオンを含む低張性電解質輸液はどれか。
 1.開始液
 2.維持輸液
 3.術後回復液
 4.生理食塩液
 5.リンゲル液

問86 日本薬局方で規定されている温度の範囲として、正しいのはどれか。
 1.常温は、1~30℃である。
 2.室温は、15~25℃である。
 3.冷所は、別に規定がなければ0~15℃である。
 4.標準温度は25℃である。
 5.微温とは、30~40℃である。

問87 体内に貯留した液体又は気体を体外に排出する行為はどれか。
 1.ドレナージ
 2.スクラビング
 3.トリアージ
 4.デエスカレーション
 5.デブリードマン

問88 以下の医薬品の中で、飛散性が最も大きいものはどれか。
 1.チペピジンヒベンズ酸塩散
 2.フェノバルビタール
 3.酸化マグネシウム細粒
 4.フロセミド細粒
 5.合成ケイ酸アルミニウム

問89 小児のインフルエンザウイルス感染症において、解熱薬として推奨されるのはどれか。
 1.アスピリン
 2.アセトアミノフェン
 3.ジクロフェナクナトリウム
 4.メフェナム酸
 5.ロキソプロフェンナトリウム

問90 以下の血液製剤のうち、2~6℃で保存するのはどれか。
 1.人赤血球液
 2.人血小板濃厚液
 3.新鮮凍結人血漿
 4.人血清アルブミン
 5.人免疫グロブリン

予想問題!!!

ツイッターではつくることができなかった、必須問題の作成がやっとできるので解いてください!!!
予想問題というとかっこいいですが、97-106回の国家試験の改正問題や卒試を参考にしたり、個人的にここ苦手だなーとおもっている問題を作成しました。
問題に対する疑義、質問がある方はご連絡ください。模試のネタバレはないのでご安心ください!
解答は後日掲載しますね!もしかしたらお薬の誤字があるかもしれませんが、名前でのひっかけ問題ではないので優しい気持ちで解いてください。

【必須問題】
問1 β-線のみを放出する放射線核種はどれか。
 1.32P
 2.13N
 3.123I
 4.11C
 5.226Ra

問2 同一条件におけるクロマトグラフィーにおいて、2つの化合物の保持時間が同じ場合、分離係数はどの値になるか。
 1.0
 2.0.5
 3.1
 4.1.5
 5.2

問3 MRI診断法の造影剤として使用されるのはどれか。
 1.硫酸バリウム
 2.ヨード造影剤
 3.フルデオキシグルコース
 4.ガドリニウム製剤
 5.脂溶性ヨウ素化物

問4 以下のうち、系統誤差でないものはどれか。
 1.器差
 2.偶然誤差
 3.方法誤差
 4.操作誤差
 5.個人誤差

問5 「完全結晶性物質のエントロピーは0Kで0である」と述べているのは以下のうちどれか。
 1.熱力学第1法則
 2.熱力学第2法則
 3.熱力学第3法則
 4.ヘスの法則
 5.パウリの排他原理

問6 以下のうち、芳香族化合物はどれか。f:id:putinmondai:20211127122437j:plain


問7以下のうち、最も塩基性が弱いのはどれか。f:id:putinmondai:20211127123209j:plain


問8 アルケンにアンチ型付加反応するのはどれか。
 1.臭素
 2.四酸化オスミウム
 3.水素
 4.オゾン
 5.ボラン

問9 次のカルボン酸誘導体のうち、酸性水溶液中で加水分解する際に、その反応の相対速度が最も速いのはどれか。
 1.アセトアニリド
 2.アセトニトリ
 3.塩化アセチル
 4.酢酸メチル
 5.無水酢酸

問10 以下の生薬のうち、動物由来のものではない生薬はどれか。
 1.ゴオウ
 2.リュウコツ
 3.ユウタン
 4.ボレイ
 5.センソ

問11 グルコースの1位を還元すると、何になるか。
 1.グルコサミン
 2.グルクロン酸
 3.グルコン酸
 4.ガラクトース
 5.ソルビトール

問12 感染初期に産生される抗体はどれか。
 1.IgM
 2.IgG
 3.IgA
 4.IgE
 5.IgD

問13 中枢神経系のうち、呼吸調節中枢の機能を有しているのは、以下のうちどれか。
 1.延髄
 2.中脳
 3.視床下部
 4.小脳
 5.橋

問14 気管の内面を覆う上皮細胞はどれか。
 1.単層扁平上皮
 2.円柱上皮
 3.多列線毛円柱上皮
 4.重層扁平上皮
 5.移行上皮

問15 以下のうち、n-3系の不飽和脂肪酸はどれか。
 1.α-リノレン酸
 2.γ-リノレン酸
 3.オレイン酸
 4.リノール酸
 5.ステアリン酸

問16 健康水準の国際間の比較として、WHOが推奨している健康指標はどれか。
 1.有病率
 2.1歳児平均余命
 3.平均余命
 4.平均寿命
 5.合計特殊出生率

問17 以下の感染症のうち、入院が強制されないものはどれか。
 1.結核
 2.エボラ出血熱
 3.ジフテリア
 4.デング熱
 5.ラッサ熱

問18 ウィルソン病は、以下の必須微量元素のうち、どれの排泄障害が引き起こされているか。
 1.Cu
 2.Mo
 3.Se
 4.Fe
 5.Zn

問19 シックハウス症候群の原因物質として、室内濃度指針値が設定されており、衣類の防虫剤として使用されているのはどれか。
 1.トルエン
 2.キシレン
 3.クロルピリホス
 4.パラジクロロベンゼン
 5.スチレン

問20 SO2のみを定量する手分析法はどれか。
 1.溶液導電率法
 2.トリエタノールアミン・パラロザニリン法
 3.ザルツマン法
 4.重量法
 5.中性ヨウ化カリウム

問21 新生児マススクリーニングにおいて、タンデムマス法で発見できない疾患はどれか。
 1.ホモシスチン尿症
 2.クレチン症
 3.プロピオン酸血症
 4.フェニルケトン尿症
 5.メープルシロップ尿症

問22 1件あたりの患者数が多く、カレーやシチューなどの食肉等を利用した大量調理食品が原因食品となる細菌はどれか。
 1.Clostridium perfringens
 2.Clostridium botulinum
 3.Staphylococcus aureus
 4.Vibrio parahesmolyticus
 5.Bacillus cereus

問23 含硫アミノ酸が分解される際に、生成するのは以下のうちどれか。
 1.スカトール
 2.エチルメルカプタン
 3.アグマチン
 4.カダベリン
 5.トリメチルアミン

問24 枯草菌のDNA組み換え修復酵素欠損株を用いる遺伝毒性試験はどれか。
 1.Ames試験
 2.小核試験
 3.コメットアッセイ
 4.polアッセイ
 5.recアッセイ

問25 アニリンの解毒剤として使用される薬物はどれか。
 1.プルシアンブルー
 2.ぺニシラミン
 3.ジメルカプロール
 4.メチレンブルー
 5.ホメピゾール

問26 以下の薬の中で、トロンビン依存的に活性化プロテインCの産生を促進するものはどれか。
 1.ダナパロイド
 2.フォンサパリヌクス
 3.エドキサバン
 4.トロンボモデュリン アルファ
 5.ダビガトランエテキシラート

問27 ミクロソームトリグリセリド転送タンパク質に直接結合することで、血中LDL値を低下させる薬物はどれか。
 1.ロミタピド
 2.コレスチラミン
 3.クロフィブラート
 4.エゼチミブ
 5.プロブコール

問28 以下の利尿薬のうち、抗アルドステロン作用があるのはどれか。
 1.フロセミ
 2.トラセミ
 3.ブメタニド
 4.アゾセミ
 5.メフルシド

問29 Ⅰ型糖尿病に伴う糖尿病腎症に有効なのはどれか。
 1.エパレルスタット
 2.メキシチレン
 3.プレガバリン
 4.イミダプリル
 5.プレドニゾロン

問30 骨格筋直接の電気刺激による収縮を抑制できる薬物はどれか。
 1.ツボクラリン
 2.ロクロニウム
 3.スキサメトニウム
 4.ダントロレン
 5.A型ボツリヌス毒素

問31 以下のうち、Gqタンパク質共役型受容体に関与するものはどれか。
 1.H2受容体
 2.μ受容体
 3.ニューロキニンNK1受容体
 4.5-HT4受容体
 5.M2受容体

問32 唾液腺のM3受容体を刺激し、唾液分泌を促進させる薬物はどれか。
 1.セビメリン
 2.カルプロニウム
 3.ピロカルピン
 4.ネオスチグミン
 5.ベタネコール

問33 ベンゾジアゼピン系の開環誘導体であり、生体内で閉環して作用を発揮するのはどれか。
 1.クアゼパム
 2.リルマザホン
 3.ロルメタゼパム
 4.ニトラゼパム
 5.ブロチゾラム

問34 脳内の炭酸脱水酵素を阻害して神経細胞の過剰興奮を抑制する薬物はどれか。
 1.スチリペントール
 2.レベチラセタム
 3.スルチアム
 4.プリミドン
 5.ラコサミド

問35 抗IL-5モノクローナル抗体製剤であるのはどれか。
 1.スプラタスト
 2.オマリズマブ
 3.メポリズマブ
 4.ベンラリズマブ
 5.デュピルマブ

問36 K+チャネル遮断、β受容体遮断、Na+チャネル遮断及びCa2+チャネル遮断作用を有する薬物はどれか
 1.ソタロール
 2.アミオダロン
 3.ベラパミル
 4.フレカイニド
 5.シベンゾリン

問37 メペンゾラートの作用機序として正しいものはどれか。
 1.M1受容体刺激
 2.M1受容体遮断
 3.M3受容体刺激
 4.M3受容体遮断
 5.アセチルコリンエステラーゼ阻害

問38 以下の薬物のうち、シュレム管から眼房水の排出を促進する薬物はどれか。
 1.ラタノプロスト
 2.ブナゾシン
 3.リパスジル
 4.チモロール
 5.ジスチグミン

問39 翻訳過程の70S開始複合体の形成を阻害する抗菌薬はどれか。
 1.ポリミキシンB
 2.テトラサイクリン
 3.バンコマイシン
 4.リネゾリド
 5.イミペネム

問40 三リン酸化体とならずに作用を起こす抗ヘルペス薬はどれか
 1.アシクロビル
 2.ガンシクロビル
 3.ビダラビン
 4.レムデシビル
 5.ホスカルネット

問41 両性イオン界面活性剤はどれか。
 1.ベンザルコニウム塩化物
 2.レシチン
 3.ラウリル硫酸ナトリウム
 4.ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル
 5.パラオキシ安息香酸メチル

問42 空気で吹き上げた原料粉体に結合剤を噴霧して造粒する方法はどれか。
 1.噴霧乾燥造粒法
 2.攪拌造粒法
 3.流動層造粒法
 4.押し出し造粒法
 5.乾式造粒法

問43 製剤総則において、粒状に造粒した経口投与する製剤として規定されるのはどれか。
 1.発泡錠
 2.散剤
 3.顆粒剤
 4.分散錠
 5.懸濁剤

問44 エンドトキシン試験法において、検出又は定量するのはどれか。
 1.発熱性物質
 2.でんぷん消化力
 3.好気的条件下で発育可能な真菌
 4.グラム陰性菌由来の成分
 5.非水性溶剤中の鉱油

問45 炭酸水素ナトリウムがフェノバルビタールの体内動態に及ぼす影響として、正しいのはどれか。
 1.消化管吸収阻害
 2.受容体での拮抗
 3.胆汁中排泄の促進
 4.尿細管再吸収の抑制
 5.尿細管分泌の促進

問46 高分子の水溶液に有機溶媒を添加することにより、高分子の濃厚相と希薄相とに分離する現象はどれか。
 1.コアセルベーション
 2.コソルベンシー
 3.塩析
 4.凝析
 5.合一

問47 錠剤表面に小斑点状の凹凸が生じる打錠障害はどれか。
 1.スティッキング
 2.ピッキング
 3.バインディング
 4.キャッピング
 5.ラミネーション

問48 血液脳脊髄液関門を形成している細胞の実体はどれか。
 1.神経細胞
 2.毛細血管内皮細胞
 3.脈絡叢上皮細胞
 4.アストロサイト
 5.周皮細胞

問49 日本薬局方製剤総則において、点眼剤の保存容器として規定されているのはどれか。
 1.密閉容器
 2.密閉容器または気密容器
 3.気密容器
 4.気密容器または密閉
 5.密封容器

問50 最終滅菌法はどれか。
 1.ガス法
 2.ろか法
 3.無菌操作法
 4.蒸気流通法
 5.紫外線法

問51 pKa=4.3の1価の弱酸性薬物が、pH=1のとき溶解度は1μg/mLであった。見かけ上の溶解度が分子形の約100倍を示すpHとして、最も近い値はどれか。
 1.2.3
 2.4.3
 3.6.3
 4.8.3
 5.10.3

問52 油中水型乳剤の調製に適した界面活性剤のHLB値として、最も適切な範囲はどれか。
 1.1.5~3.0
 2.3.5~6.0
 3.7.0~9.0
 4.13~15
 5.15~18

問53 生薬を含む製剤はどれか。
 1.エリキシル剤
 2.エキス剤
 3.リニメント剤
 4.リモナーデ剤
 5.ポンプスプレー剤

問54 徐放性内核を腸溶性コーティング皮膜で被い、外側を速放性層で囲み糖衣錠としたDDS製剤はどれか。
 1.グラデュメット
 2.コンチンシステム
 3.スパンタブ
 4.レプタブ
 5.ロンタブ

問55 β-ラクタム環の開裂を起こす代謝反応はどれか。
 1.酸化反応
 2.加水分解
 3.グルクロン酸抱合
 4.還元反応
 5.硫酸抱合

問56 サイトメガロウイルス感染症に対する適切な治療薬はどれか。
 1.リトナビル
 2.アシクロビル
 3.ホスカルネット
 4.ザナミビル
 5.ファムシクロビル

問57 妊婦に禁忌である消化性潰瘍治療薬はどれか。
 1.ファモチジン
 2.オメプラゾール
 3.テプレノン
 4.ミソプロストール
 5.スクラルファート

問58 B型肝炎の検査のうち、強い感染性を示す指標はどれか。
 1.HBc抗体
 2.HBe抗体
 3.HBs抗体
 4.HBe抗原
 5.HBs抗原

問59 血友病の特徴として、誤っているのはどれか。
 1.特徴的な深部出血症状
 2.血友病Aにおける第Ⅷ因子の欠乏
 3.出血時間の延長
 4.APTTの延長
 5.男性に多く発症

問60 慢性腎不全尿毒症期における高カリウム血症の治療に用いるのはどれか。
 1.アロプリノール
 2.エリスロポエチン
 3.カルシトリオール
 4.ニフェジピン
 5.ポリスチレンスルホン酸ナトリウム

問61 新薬の承認後一定期間が経過した後に、企業がデータを集めて承認された効果効能及び安全性について再度確認するのはどれか。
 1.市販直後調査
 2.再評価制度
 3.使用成績調査
 4.再審査制度
 5.特定使用成績調査

問62 鉄欠乏性貧血で上昇する検査値はどれか。
 1.総鉄結合能
 2.平均赤血球容積
 3.平均赤血球ヘモグロビン濃度
 4.フェリチン
 5.血清鉄

問63 視力障害をおこすため、眼科による定期的検査が必要である抗結核薬はどれか。
 1.イソニアジド
 2.リファンピシン
 3.エタンブトール
 4.ピラジナミド
 5.ストレプトマイシン

問64 乳汁分泌を抑制することから、授乳婦に投与すべきでない薬物はどれか。
 1.アミオダロン
 2.シクロスポリン
 3.ドキソルビシン
 4.ブロモクリプチン
 5.炭酸リチウム

問65 メニエール病の症状として認められないものはどれか。
 1.高音障害型難聴
 2.反復性の回転性めまい
 3.末梢性めまい
 4.悪心・嘔吐
 5.内耳リンパ液の増加

問66 治療必要数は、何を除した値であるか。
 1.オッズ比
 2.リスク比
 3.相対リスク
 4.相対リスク減少率
 5.絶対リスク減少率

問67 直接ビリルビン値が増加する可能性が最も高いのはどれか。
 1.シャント高ビリルビン血症
 2.新生児黄疸
 3.再生不良性貧血
 4.総胆管結石
 5.溶結性貧血

問68 催吐性リスクの高い抗がん剤に対する制吐療法に用いるのはどれか。
 1.オキサゼイン
 2.モルヒネ
 3.パロノセトロン
 4.ラニチジン
 5.ブロモクリプチン

問69 新生児の特徴を成人と比較したとき、正しいのはどれか。
 1.胆汁酸塩の生成が多い。
 2.肝臓のグルクロン酸抱合能が高い。
 3.薬物の皮膚透過性が低い。
 4.成人とはシトクロムP450分子種は一緒である。
 5.胃内pHが高い。

問70 フィラデルフィア染色体が高頻度に認められる疾患はどれか。
 1.急性骨髄性白血病
 2.慢性骨髄性白血病
 3.成人T細胞白血病
 4.悪性リンパ腫
 5.多発性骨髄腫

問71 フィブリノゲン製剤によって引き起こされた薬害で問題となった有害事象はどれか。
 1.間質性肺炎
 2.無顆粒球症
 3.C型肝炎
 4.網膜症
 5.アナフィラキシーショック

問72 薬剤経済の分析手法のうち、費用と効果を全て貨幣単位で表すのはどれか。
 1.費用効果分析
 2.費用効用分析
 3.費用最小化分析
 4.費用便益分析
 5.費用感度分析

問73 地域医療支援病院の承認要件として、病床数は何床以上必要か。
 1.19床
 2.20床
 3.100床
 4.200床
 5.400床

問74 生命倫理の四原則のうち、「医療を受ける個人は平等に扱わなければならない」ということを基本にしている原則はどれか。
 1.善行原則
 2.正義原則
 3.自立尊重原則
 4.優生原則
 5.無危害原則

問75 医療法における病床の定義に含まれないのはどれか
 1.救急病床
 2.療養病床
 3.一般病床
 4.結核病床
 5.精神病床

問76 医薬品医療機器等法の規定において、生物由来製品に指定されないのはどれか。
 1.医薬品
 2.医薬部外品
 3.化粧品
 4.医療機器
 5.再生医療等製品

問77 薬剤師免許の絶対的欠格事由に該当するのはどれか。
 1.成年被後見人
 2.未成年
 3.精神機能障害者
 4.麻薬中毒
 5.罰金以上の刑に処せられた者

問78 医薬品の承認申請資料の非臨床試験のうち、GLPが適用されない試験はどれか。
 1.単回投与毒性試験
 2.遺伝毒性試験
 3.がん原生試験
 4.薬効薬理試験
 5.依存性試験

問79 保険薬局の調剤報酬に関する記述のうち、正しいのはどれか。
 1.薬剤料は薬剤の納入価格で算定する。
 2.調剤基本料は、全ての保険薬局で同じ点数である。
 3.特定保険医療材料料が含まれる。
 4.報酬の請求は厚生労働大臣に対して行う。
 5.薬局で自ら点数を定めて請求できる。

問80 医療法の規定に基づく「基本方針」を定めることが義務づけられているのはどれか。
 1.厚生労働省
 2.都道府県
 3.地方厚生局
 4.保健所
 5.市区町村

問81 注射剤の混合調剤において注射針をゴム栓に穿刺するとき、ゴム片が異物として生じる事象を示す語句はどれか。
 1.スピル
 2.ピッキング
 3.スプラッシュ
 4.コアリング
 5.リキャップ

問82 チーム医療の促進に繋がる活動において、医療スタッフ共通の診察スケジュール表とも呼ばれるのはどれか。
 1.チャート
 2.ムンテラ
 3.バリアンス
 4.クリニカルパス
 5.アサーション

問83 病院の薬剤部門を構成する各セクションの中で、薬剤管理指導料算定のための施設基準として、必要なのはどれか。
 1.調剤室
 2.製剤室
 3.薬務室
 4.試験室
 5.医薬品情報室

問84 漢方製剤のうち、比較的即効性があり、筋肉・関節痛などに用いられるのはどれか。
 1.牛車腎気丸
 2.麻黄湯
 3.防風通聖散
 4.加味逍遥散
 5.芍薬甘草湯

問85 成分にカリウムイオンを含む低張性電解質輸液はどれか。
 1.開始液
 2.維持輸液
 3.術後回復液
 4.生理食塩液
 5.リンゲル液

問86 日本薬局方で規定されている温度の範囲として、正しいのはどれか。
 1.常温は、1~30℃である。
 2.室温は、15~25℃である。
 3.冷所は、別に規定がなければ0~15℃である。
 4.標準温度は25℃である。
 5.微温とは、30~40℃である。

問87 体内に貯留した液体又は気体を体外に排出する行為はどれか。
 1.ドレナージ
 2.スクラビング
 3.トリアージ
 4.デエスカレーション
 5.デブリードマン

問88 以下の医薬品の中で、飛散性が最も大きいものはどれか。
 1.チペピジンヒベンズ酸塩散
 2.フェノバルビタール
 3.酸化マグネシウム細粒
 4.フロセミド細粒
 5.合成ケイ酸アルミニウム

問89 小児のインフルエンザウイルス感染症において、解熱薬として推奨されるのはどれか。
 1.アスピリン
 2.アセトアミノフェン
 3.ジクロフェナクナトリウム
 4.メフェナム酸
 5.ロキソプロフェンナトリウム

問90 以下の血液製剤のうち、2~6℃で保存するのはどれか。
 1.人赤血球液
 2.人血小板濃厚液
 3.新鮮凍結人血漿
 4.人血清アルブミン
 5.人免疫グロブリン